数多くの安定したインカムゲインを手に入れて自由で安心のライフスタイルを叶える投資講座
数多くの安定したインカムゲインを手に入れて自由で安心のライフスタイルを叶える投資講座
無料メルマガ

株式投資で年利10%で長期運用する5つのルール(20%も可能)

投稿日:  |  更新日:2020/12/08

こんにちは、投資月収500万円たつや先生です。

私たちのインカム投資アカデミーでは、将来や老後に備えた資産運用をされる方が多くいらっしゃいます。

その中でも株式投資は、お金を増やすおすすめの方法です。

会社からのお給料や貯金だけでなく、株式投資による副収入を増やせば、将来や老後への備も万全になります。

ただやはり気になるのが、株式投資の年利回りですね。
株に投資してどのくらいの年利で儲かるのか、あなたも関心するところだと思います。

そこで株式投資で年利10%を続けるための資産運用をお伝えします。

しかも長期に渡って、この数字を続ける方法をお話します。
さらにその利回りを20%まで高める方法も解説します。

またこの運用方法はリスクも低く抑えられるため、初心者の皆さまにもおすすめです。
ぜひ参考になさってください。

株式投資で年利10%で長期運用する5つのルール(20%も可能)

まず最初に、投資の神様と言われるウォーレン・バフェット氏の投資利回りを見てみましょう。

バフェット氏は世界で最も有名、且つ成功した投資家として知られています。
彼の投資利回りが公表されているので、それを見てみましょう。

ウォーレン・バフェット氏 投資利回り
出典:https://www.berkshirehathaway.com

このピンク色で囲った部分、20.9%がバフェット氏の平均利回りです。
つまりこれが世界一の投資家の利回りだと言えます。

ちなみに右側にある9.9%は米国株全体S&P500の平均利回りです。

今回お伝えしたいのは、年間利回り10%の株式投資の運用方法です。
そしてバフェット氏の約20%に迫る株式投資の方法も解説します。

このような高い年利で運用できれば、あなたの資産を大きく増やすことができます。
さっそく具体的に見ていきましょう。

1.2つの利益を組み合わせれば年利10%は十分に可能です

この年利とは、1年間の損益を表す数字です。
そして株式で利益を得る方法は2種類あります。

1つめはインカムゲインと呼ばれる配当金です。

企業の業績が上がったときなどに分配され、業績が良いときは利益を期待できます。
しかし銘柄によっては、業績悪化で配当金が減ってしまうこともあります。

2つめはキャピタルゲインと呼ばれる値上がり益です。

これは株価が安い時に買って、高い時に売却して得られる利益のことですね。
年利はこれらの得られた利益をすべて足したものです。

私たちのアカデミーでお伝えしている株式投資は、このインカムゲインとキャピタルゲインを組み合わせる手法です。

インカムとキャピタルを組み合わせることで、年利10%を長期的に続けることができます。

2.年利10%への一番の近道は米国高配当株

株式投資では選択肢がとてもたくさんあります。
日本株だけでなく、海外の企業にも投資できますね。

ここで日本株を選んでしまうと、利回りを高めるのは難しくなります。
日本経済が低迷しており、そもそも投資には不利な環境だからです。

そこで私たちのアカデミーでおすすめしているのは、米国の高配当株です。

米国の高配当株には、株主配当の利回りが5%前後のものがたくさんあります。
その中には多国籍企業も多く含まれており、世界全体の経済を力強く引っ張っています。

つまり企業そのものが安定的に成長しており、さらに毎年5%前後の株主配当を続けているわけですね。

先ほど掲載した資料に、米国株全体S&P500の平均利回りは9.9%だと掲載されていました。
つまりこのような米国企業に投資することで、平均年利9.9%を確保しつつ、さらに株主配当で年利5%を受け取ることができるんです。

私たちもこれを続ければ、全体として平均年利10%は十分に達成できます。

決して無理のある数字ではありませんし、初心者の皆さまでも始めやすい運用プランです。

3.複利運用で年利20%を目指そう

さらに株式を長期保有することのメリットはとても大きいです。

得られた配当金を再投資して、複利運用で増やせるからです。

つまり米国株全体S&P500平均利回り9.9%+株主配当5%、まずこれが基本方針です。
それをさらに複利で運用することで、年利20%に迫ることができます。

ただし複利での長期運用なので、年利20%は数年以上の時間をかけて達成するものです。

つまり短期的には年利10%で運用し、さらに長期的な複利運用で、年利20%を目指せると考えましょう。

4.株価下落のときは損切りが必要です

ただ株式投資ではひとつ注意点があります。

それは株価が下落したときは、必ず損切りすることです。
持っている株の価格が、想定以上に下がり始めたら、早めに手放すことが大切です。

下がり始めた株を持ち続けるのは、大きなリスクがあります。

「株価が下がるのは今だけだろう」
「しばらくしたら上がるだろう」

このように期待して株価下落を見守る人もいらっしゃいますが、むしろ塩漬けにつながってしまいます。

これは株式投資では危険な考え方で、年利10%どころか、元本を傷つける場合もあります。
投資の世界には絶対はありませんし、臨機応変に対応することが大切ですね。

株式投資の大切なリスク管理は、極論すればこの一点だけです。

これさえ抑えておけば、株式投資の初心者の方でも、高い利回りを続けることができます。

5.株のノウハウを身につけて不労所得を増やそう

株式投資は知識と経験によってノウハウが身につきます。
今あなたが株式投資がよくわからなかったとしても大丈夫ですよ。

投資収入のほとんどは不労所得になりますから、これを積み重ねると経済的自由につながります。

あなたが会社員をされているなら、毎月のお給料と投資収入で、老後の不安や貯金について悩むことなく暮らせます。
老後も投資は続けられるので、経済的な自由を手に入れながら、経済的に豊かな生活が送れます。

あなたがノウハウを身につけることでも、利回りを高めることができるんです。
株式投資の利益を横展開で増やすことで、さらに全体の投資利回りを増やしていきましょう。

投資による副収入が増えるだけで、将来や老後の安心感を手に入れることができます。

まとめ:株式投資で年利10%で長期運用する5つのルール(20%も可能)

私たちのアカデミーでは、このような年利10%、そして年利20%の株式投資もお伝えしています。

骨子はここでお伝えした方法ですが、他にもいろいろなコツがあります。
今回お伝えしたポイントをおさらいしましょう。

1.2つの利益を組み合わせれば年利10%は十分に可能です
2.年利10%への一番の近道は米国高配当株
3.複利運用で年利20%を目指そう
4.株価下落のときは損切りが必要です
5.株のノウハウを身につけて不労所得を増やす

私たちの投資の経験やノウハウは、積み重ねるほど磨かれていきます。

最初は株式の銘柄選びに苦労するかもしれません。
しかし継続して投資を学び、実践すれば、一生涯を通して大きな利益を得られるでしょう。
経験を積めば積むほど、投資収入を増やすチャンスも増やせます。

私たちのアカデミーでは、株式をはじめとする投資初心者の方もたくさんいらっしゃいます。

会社員の方や、専業主婦の方など、様々な立場の方が勉強されています。
あなたはいつからでも投資の勉強を始められます。

この機会にぜひ株式投資について考えてみてくださいね。


投資月収500万円 たつや先生の
資産運用セミナー映像プレゼント

毎月の安定収入を増やす資産運用を、初めての方にも分かりやすく解説しました。
合計収録時間 1時間02分

・月収30〜100万円への投資の始め方
・インカムゲインで365日夏休み生活
・不労所得2,000万円の38歳会社員
・早期リタイア生活を叶える資産運用
・最初の100万円を作る一番の近道
・歯科助手(29歳)の投資ストーリー
・50万円を1,500万円に増やした主婦
・年齢を超えた投資仲間との出会い
・月収900万円 最強アカデミー生さま
・今旬の投資案件をメルマガでご紹介
・事業投資でビジネスオーナーになる
・投資仲間と南国バカンスの女医さん
・たつや先生の月収500万円の稼ぎ方

会社員や初心者の皆さまが、資産運用を楽しく学べるセミナー映像を無料進呈。
投資月収500万円たつや先生のお金の増やし方をお伝えします。

たつや先生の投資セミナー映像はこちら (無料メルマガ ご登録特典)
テキストのコピーはできません。